Welcome to my Blog !!
ここでは、アパート・マンション経営に関するノウハウをお伝えします。
ご提供できるサービスは、空室対策・消費税還付コンサルティング・長期運営を考えた戦略的な管理・家賃滞納トラブル解決・立退き・資産分析・戦略的な相続、税金対策です
● 自己紹介
ohkawa
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
●リンク
アパート・マンション経営おすすめ本
● 携帯用CODE
qrcode
● その他
Welcome to my Blog !!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
家族信託のおすすめ本

賃貸経営のオーナーであれば、財産管理と承継が共通のテーマです。

 
家族信託制度は、そのテーマを解決するために必要なことです!

この書籍は、著者が財産管理・承継の3大重要ポイントとして掲げているのは、
〆盪困鯀蠡垣播で「減らさない」こと
∈盪困鯒知症等で「凍結させない」こと
財産で相続人を「揉めさせない」こと
の3つです。

 

特に△鉢において家族信託は大いに力を発揮します。

下記は参考となる書籍でオススメです。

家族信託活用マニュアル

 

アパマン経営の寺子屋/三鷹相続相談センター

でも家族信託について定期的に勉強会を開催しています!

 

 



アパマン経営書籍・記事14:01|-|-|
bot
電子書籍
本棚にある本の内、とりあえず100冊ほど電子書籍にします!
 

アパマン経営の寺子屋書庫

電子書籍にした方が使いやすくスペースが片付きますので(^^)

 

本を整理していると2冊あるものや3冊あるものも・・・

会員さんに貸してあげて戻ってこない本もたくさんあります!

 

次回のアパマン経営の寺子屋1st-step の開催は2/11(土)10時からです!

 



アパマン経営書籍・記事16:41|-|-|
bot
「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践

なぜ多くのオーナーや不動産会社が、外国人に部屋を貸すことを敬遠するのでしょうか?

 
「アンケート」によると60%超のオーナーが「生活ルールのトラブル」をその理由に挙げています。
しかしそのトラブルを自身が実際に経験したオーナーは10%程度で、ほとんどは「なんとなく」「報道や近所の噂」によるものだそうです。そう、「なんとなく不安」なのです。

  

「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践 (QP books)

 

この本では外国人に賃貸物件を貸すときのポイントを

最も起きやすい4つのトラブルの対処法」として解説しています。
.乾濬个轡襦璽
∩音トラブル
2板造梁敘
“また貸し”や“無断同居”

 

【理解しにくい「日本の賃貸ルール」】
外国人にとって理解しにくい「日本の賃貸ルール」というのがありますが、その代表格が「礼金」と「更新料」と「敷金返還時の原状回復費負担」です。
今でも、人気物件なら「礼金」をいただき、2年ごとに「更新料」が必要で、ルームクリーニング等の費用が借主負担という賃貸条件が一般的です。これらの日本独特の賃貸ルールは、理解不足で入居するとトラブルになりますのでしっかり説明して理解してもらうことが大切です。
 

毎月開催している、

アパマン経営の寺子屋 1st-step でも、外国人入居者トラブル対処法なども学んでいます!

 

 



アパマン経営書籍・記事22:02|-|-|
bot
大家さん、入居者に「訴えてやる」って言われたらどうしますか?

大家さんに向けてトラブルが起きたときの解決策を弁護士先生が執筆した指南書で、難しい記述でなく、登場人物がいて物語風に語られているのでとても分かりやすい内容です。

  

大家さん、入居者に「訴えてやる」って言われたらどうしますか?

 

住民同士のトラブル・家賃滞納・敷金返却・立退き要請・設備不良・入居者の逮捕・行方不明・自殺など、賃貸物件で実際に起きた題材をモチーフにして専門書に匹敵する程度に書かれています。
 
たとえば「部屋にゴミをため込む入居者」の問題を取り上げています。
主人公の管理担当が「勝手にゴミを撤去しよう」と主張するところを弁護士の先生が正して「居住者の生活や衛生を害する行為」ということで契約の解除を勧めます。この経緯が本当の現場の会話のようにリアルに描かれています。
 
他にも、部屋で自殺されて困っている家主と管理会社に「原状復帰と家賃の2年分の賃料相当額を損害として請求できる可能性がある」として、細かな指導内容を公開しています。

トラブルはいつ起こるか分かりません。
一度、目を通してみてはいかがでしょう。
 

 

アパマン経営の寺子屋 1st-step 「賃貸トラブル回避○箇条」でも学ぶことができます!

 

 



アパマン経営書籍・記事21:42|-|-|
bot
DIY賃貸

この本は、福岡市在住のオーナー3人が「賃貸物件のセルフリフォームを楽しむ」という

コンセプトで書いたものです。

 

DIY賃貸 セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン

 

この本の読み方は2つあります。
ひとつは、オーナー自らDIYを行うときの手引書として読むことです。
管理委託しているオーナー様は、自らリフォームする必要も理由もないのですが「どのように行われているか」知っておくことができます。
 
もうひとつは、お客(入居者)さまにDIYをしていただくという発想です。
築年数の経った物件にリフォーム費用をかけずにしかも喜んで住んでいたただくためのアイデアですね!
 
お客様にDIYしていただく「借主負担型」
これは国土交通省が勧めている「借主負担DIY」という貸し方で、同省からガイドラインも発表されています。古い貸室を家賃を低く設定して賃貸し、借主はその浮いた家賃分で自身でリフォームやDIYで改装できるようにして、退去するときは改装した部分は原状回復する必要がないというものです。

 
国交省のガイドラインにはオーナー側のメリットとして、
・現状のままで貸すことが可能
・借主が自費でDIYを行うので長く住んでくれる可能性がある
・退去した後は、貸出時より設備等の価値が上がっている可能性がある
と説明されています。

 

また借主側のメリットとして、
・持ち家のように自分好みにできる
・自費でDIYするから賃料を安くできる
・退去時に原状回復費用を取られない
などと その利点を並べています。
 
さらにこの本では「DIYのすべてを借主に任せてはいけない」ので「入居者と共につくる」ことが大切と主張しています。
そのために「この本」を読んでいただきたいということです。

 
また「借主負担DIY」で貸す場合は契約書での取り決めが重要なのですがそれについても経験に基づいて言及されています。

 
*全体的に説明が足りないなぁ〜、と感じる部分も多いので管理会社などの経験者と一緒に検討してください。

私も予算がないときなどは、リフォーム代10万円〜250万円まで入居者に負担していただきDIY賃貸していますのでお尋ねください(^^)
 

 



アパマン経営書籍・記事20:24|-|-|
bot
住みたい街ランキング2015 関東版
『2015年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版』を発表
1位(1) 吉祥寺(JR中央線)
2位(2) 恵比寿(JR山手線)
3位(5) 横浜(JR京浜東北線)
4位(11) 目黒(JR山手線)
5位(9) 武蔵小杉(東急東横線)
6位(8) 品川(JR山手線)
7位(4) 中目黒(東急東横線)
8位(10) 表参道(東京メトロ銀座線)
9位(3) 池袋(JR山手線)
10位(7) 新宿(JR山手線)
10位(16) 鎌倉(JR横須賀線)


1位と2位は「吉祥寺」と「恵比寿」で毎度毎度のことで人気が高いですね。
「目黒」(11位→4位)と「武蔵小杉」(9位→5位)のジャンプアップぶりが目立ちます。


「今後注目が集まり、地価が値上がりしそう」な街(駅)も同時に発表。
1位 武蔵小杉(東急東横線)
2位 豊洲(東京メトロ有楽町線)
3位 品川(JR山手線)
4位 田町(JR山手線)
5位 海老名(小田急小田原線)


そしてこんなランキングも・・・
「実は穴場」だと思う駅ランキング
1位 北千住(JR常磐線)
2位 赤羽(JR埼京線)
3位 武蔵小杉(東急東横線)
4位 中野(JR中央線)
5位 小竹向原(東京メトロ有楽町線)


ご参考にしてください。

※出典:リクルート住まいカンパニー

 


アパマン経営書籍・記事05:45|-|-|
bot
空室対策はお金よりアイデアです

JRECの仲間の<そばっち>が出版しました!
他の空室対策本と違うのは『6000件の退去立会いを経験しているリフォーム業者』ということです。

 

6000件の退去立会いからわかった! 空室対策はお金よりアイデアです

 

本の中身は、
・入居が決まるかどうかは「部屋(室内)」「募集条件」「営業」のバランスがとれているかどうかが大切です。特に、オーナーと管理会社の「営業の努力」が足りないケースが多いのではないでしょうか。

 
・良い仲介会社は、入居が決まらない要因と改善する方法を提案します。悪い仲介会社は、決まらない理由ばかり並べて言い訳します。

 
・良い管理会社とリフォーム会社は、リノベーションするときに入居者のターゲットやそれに見合う家賃設定や工事の提案をします。悪い管理会社とリフォーム会社は、誰が住むかも気にせずに分かりにくい見積もりを提出します。

 
・室内に収納スペースを多くしておくと、入居中に荷物が増えるので収納の少ない物件には引っ越さなくなります。

 
・退去立会いは、設備の不具合や住み心地や、希望の設備などお客様のニーズを聞き出せる絶好のチャンスです。そして退去立会いの重要な目的は、原状回復工事だけで次の入居が決まるかプチリノベーションでアクセントをつければ決まるか、本格的にリノベーション工事をしないと決まらないのかこれらを判断することです。

 
・空室対策で成功するポイントは、入居者のニーズを知ることです。誰に住んでもらうか決まっていない、お部屋づくりのコンセプトもない、アピールポイントもなく何となく作った商品では大家さんも買わないのではないでしょうか?

 
このようなことが説明されています!

 

・同じ建物の中に複数の空室があってリノベーションするときは最低2パターンのお部屋(たとえば“和モダン”とか“アジアンテイスト”とか)を作るべきです。仮に5部屋の空室があったらAとBの部屋をつくり、先にAが決まったら次の部屋はAにする、という具合です。もしAが気に入らなくても、Bを気に入ってもらえることがあるかもしれません。

 
これは普段から私も言っていることで、リフォーム業者の言いなりですすめると一気に同じ部屋が出来上がります。これは新築の時も同じ考え方ですね!

 

最後に、
・オーナーが陥ってはいけない負のスパイラルがあります。
,笋襪戮修繕やリフォームをしないので入居が決まらない。
家賃を下げて決めようとする。
質の悪い入居者が入ってくる。
せ楡瀑發荒れるので良い入居者が退去する。
イ気蕕剖室が増えて収益が悪化する。
手に入った家賃の一部は入居者に還元(つまり投資)して、負のスパイラルに陥らないようにすべきです。
 
これを続けていると破たんが近づきますので注意してください(^^)

 

 



アパマン経営書籍・記事15:29|-|-|
bot
入居者を引き寄せ満室御礼! 大家さんのための新空室対策

JRECの仲間の<リッキー>が出版しました!
よくある「空室対策本」と違うのは、少し異なる視点から賃貸経営のコツについて書かれています。この本のテーマを一口で表すと「不動産業者を如何に知り、味方に付けるかが賃貸経営にとって重要である」です!

 

入居者を引き寄せ満室御礼! 大家さんのための新空室対策

 

この書籍には下記のことが書かれています!

【知らないとマズイ「5つの現場」】
1. 賃貸経営を取り巻く業界を知ること。業界新聞やインターネットで、新しい法律や税制、最近の入居者の動向などの情報を積極的に取り入れてください。
毎月 届けさせていただく本紙も そのひとつとしてお役立てください。

 
2. 商品である物件、つまりご自身の建物や貸室を徹底的に把握すること。特に募集中のお部屋や共用部分の状態が「どうなっているか」を知っておくことは大切です。
「それは不動産業者に任せている」と仰るかもしれませんが、「任せきり」ではダメなのです。たとえ、不動産業者が最善の努力で現場を維持しているとしても、見る目によって気付くポイントが違います。特に、ご自身の財産を大切にする大家さんの見方は、私たち不動産業者とは違う疑問や問題点を探すはずです。外観、エントランス、通路、そして 空室のドアを開けた瞬間の印象など、ご自身で確認することが大切、ということです。

 
3. 不動産業の現場で「何が起こっているか」を知ること。大家さんの空室情報が、どのように地域の不動産業者間で流通しているかを知ることが大事、ということです。地域内の不動産業者が多くの空室情報に埋もれる中で、ご自身の貸室情報が目立つように配信されているかどうかは、とても重要なことです。

 
4. 集客の現場をチェックすること。入居希望者がお部屋を探すとき何をするのか、どこを見るのか、といったことを知っておくべきです。特に、ご自身の貸室がインターネットで「どのように」紹介されているかを定期的に確認することは重要です。本書の著者は「賃料をはじめとする契約条件や設備に記載間違いはないか、写真がしっかり掲載されているか、物件のキャッチコピーやコメントが入っているか、入っていても分かりづらい表現はないか、隅々まで確認してください」と書いています。インターネットの他にも、集客の現場には物件チラシや現地看板などもありますので、それぞれが貸室の情報をしっかりと伝えているかをチェックすることを勧めています。

 
5. 既存入居者の現場を見つめ直すこと。ここでは「退去防止も立派な空室対策」ということで、入居者さんに対するサービス精神の欠如が起こっていないか、常に見直す、という考え方を紹介しています。
  
最高の空室対策は、入居したらずっと住んでもらうことです。
私も勉強会で毎回お話ししていますが、「長く住んでいただくためのアイデア」を考え、常に現場を見つめ直すことが大切ですね。

 

 

アパマン経営の寺子屋 1st-step

 

 



アパマン経営書籍・記事16:02|-|-|
bot
人気の駅ランキング2014
アットホームのアクセス数を元に、人気の駅・人気の沿線&人気エリアの2014年のランキングが発表されました!

2014年東京の人気の駅ランキング賃貸編のトップ5は以下の結果となりました。
1位  荻窪 駅
2位  吉祥寺 駅
3位  高円寺 駅
4位  阿佐ヶ谷 駅
5位  三鷹 駅
 
これって中央線のランキングでは?
と、思う結果でしたが6位以下も見てみましょう(^^)
 
6位  西荻窪
7位  中野
8位  御茶ノ水
9位  武蔵境
10位  国分寺

おいおい、10位まで中央線続きではないですか・・・
よく見ると18位まで中央線が続き19位にようやく上野駅、20位に品川駅とい結果でした・・・
 
中央沿線のオーナーさんはこの結果を利用して入居者を獲得しましょう(^^)
では、また・・・
 

 
  


アパマン経営書籍・記事21:05|-|-|
bot
シェアハウス開業の秘訣

J-REC仲間の仲尾さんから『シェアハウス開業の秘訣』という本をいただきました!

利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣

 

私もシェアハウスをプロデュースして運営している立場から興味深い内容の本です。本日届いたばかりですのでまだ読み終わっていませんが、これからシェアハウスを始めたい人にとっては参考書になるはずです。

明日、アマゾンキャンペーンを行うみたいですので本人からのメッセージをご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは
仲尾正人(なかお まさと)と言います。
私は現役の不動産管理会社でシェアハウス5棟の管理担当をしています。
一方で個人的には合計70室の賃貸物件を所有し不動産投資を行っている
サラリーマン大家です。

今年4月シェアハウス市場の形成初期段階の名古屋で
築42年の古旅館を22室のシェアハウスに改装しオープンしました。
オープン初月から90%以上の高稼働で運営しています。

良く知り合いの人や大家仲間に
「シェアハウスってどうなんですか?」や
「どうやったら開業できますか?」と聞かれます。

そこで、今回特別に限定セミナー動画を5月9日12:00〜14:00の2時間以内にアマゾンで購入した方をプレゼントします!!

「築42年でも利回り24%のお宝不動産に蘇った!
ネットでも売れなかったクズ物件が付近の新築よりも
人気物件になった方法とは?〜仲尾式シェアハウスはじめの一歩〜」

時間になりましたら以下からご購入後本文中にあります
アクセス先よりプレゼントをお受け取りください

▽▼アマゾン▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
http://goo.gl/zMvn2r
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

 

 

参考まで、

下記の書籍も私の仲間の書籍で参考になります(^^)

申込殺到! のシェアハウスのつくりかた


 



続きを読む >>
アパマン経営書籍・記事22:22|-|-|
bot